MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 20名の先生方が着任されました!

20名の先生方が着任されました!

平成28年4月15日

 4月1日午後14:30から公民館講堂において、德永町長をはじめ、小澤教育委員長・菅原教育委員、更には各学校長等が大変多忙にもかかわらずご出席を頂く中で、平成28年度教職員辞令交付式を行いました。今年度の人事異動は、町内異動者1名を含め20名の教職員の皆さんが本町の小中学校に着任されました。
それぞれ着任された皆さんを紹介したいと思います。校長については、川湯小学校の川島真澄校長[白糠町教育委員会指導室長]([ ]内は前任地・以下同様)、奥春別小学校の小原正寿校長[白糠町白糠小学校教頭]、川湯中学校の千葉 徹校長[釧路市釧路小学校教頭]の3名が着任されました。この3名の方は教頭職から校長職に昇格されての赴任となります。教頭については、弟子屈小学校の梶田佳寿教頭[釧路市東雲小学校教頭]が赴任されました。また、和琴小学校に山舘孝志教頭[釧路町別保小学校]が、弟子屈中学校には辻川智宏教頭[北海道教育大学附属釧路中学校主幹教諭]が一般教員から教頭職に昇格し赴任されました。次に、一般教職員については、大変な難関を突破され、この度晴れて新採用となった中村悠希教諭が弟子屈中学校に着任され、本町で初めての教員生活をスタートすることとなりました。この他の一般教職員方々については、弟子屈小学校に茂木勇人教諭[北海道教育大学附属釧路小学校教諭]と橋本雄介教諭[八雲町相沼小学校教諭]、川湯小学校には富岡昭年教諭[厚岸町真龍小学校教諭]と齋藤牧子養護教諭[弟子屈中学校養護教諭]、奥春別小学校には蝦名雪江養護教諭[標茶町虹別中学校養護教諭]と竹越英三再任用事務職員[同校再任用事務職員]、弟子屈中学校には川村裕介教諭[浜中町霧多布中学校教諭]・林田伸一教諭[標茶町虹別中学校教諭]・海老名浩嗣教諭[標茶町阿歴内中学校教諭]及び多田怜代養護教諭[釧路市北中学校養護教諭]、川湯中学校には榊 翔教諭[釧路市鳥取西中学校教諭]・佐藤久子教諭[標茶町虹別中学校教諭]及び藤田 岳教諭[標茶町阿歴内中学校教諭]という一般教職員14名の皆さんが着任されております。
 辞令式は、緊張した雰囲気が漂う中で一人ひとりに北海道教育委員会の辞令を交付した後、德永町長から歓迎と激励のご挨拶を頂き、最後に出席者全員による記念写真撮影を行い終了しました。
 着任された先生方には、心から歓迎申し上げますと共に、本町の未来を担う子どもたちの健やかな成長のために日夜ご奮闘されることを大いに期待しているところです。

辞令式

記念写真

教育長日記

▲このページの先頭へ