MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 弟子屈町植樹祭!

弟子屈町植樹祭!

平成28年6月 3日

 6月2日、9:30から「桜ヶ丘森林公園」で弟子屈町植樹祭が行われ、町議会議員をはじめ、町民の皆さんや関係者の皆さんなど総勢約70名の方々が集まり、本町の「木」となっている「さくら」122本(エゾヤマザクラ92本及びニトリサクラ30本)を植樹しました。
 開会式では弟子屈町緑化推進委員会の会長である德永町長が主催者を代表して挨拶され、引き続き来賓として林野庁根釧西部森林管理署の佐藤義浩森林技術指導官と釧路総合振興局森林室の加藤順也管理課長が挨拶をされました。何れの方も「森づくり」の大切さを訴えた挨拶でした。早速、専門家から植樹の仕方の説明を受け、その後、参加者はそれぞれ植樹作業に取り掛かりました。本事業は、毎年、株式会社ニトリ様・今井林業株式会社様・摩周建設事業協会様等の支援を頂いて行われています。
 この日は、雨がちらつき、6月とは思えないほどの寒さに見舞われ、遠くでは雪が降ったというあいにくの天候の中で行われました。毎年度開催されるこの植樹祭には、弟子屈小学校6年生が招待され、卒業記念の一環として約70本程の「さくら」などを植樹してきておりましたが、今回は悪天候のため、初めて参加出来ませんでした。
 しかし、あいにくの天候ではありましたが、この植樹祭を通して、自然豊かな町「弟子屈町」の環境保全に取り組んでいく大切さを益々感じることが出来た一日となりました。参加者の皆さん大変ご苦労様でした。

教育長日記

▲このページの先頭へ