MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 第34回北海道小学生陸上競技大会に出場

第34回北海道小学生陸上競技大会に出場

いいね!ボタンが表示されます

平成28年7月22日

 北海道小学生陸上競技大会は、日清食品カップ全国小学生陸上競技交流大会北海道予選会を兼ねており、上位に入賞すると全国大会にも出場出来る大きな大会であります。本年度、第34回目となる同大会は、7月17日と18日の2日間にわたって、旭川市の花咲スポーツ公園陸上競技場で開催されました。 
 この日は天候に恵まれ、絶好の大会日和の中、選手総勢1,600人を越える児童たちが男女それぞれ22種目を競い合い、本町からは標準記録等を突破した弟子屈RC[レーシング・クラブ]の少年団員5名が参加しました。
 競技結果を紹介しますと、野表朝姫さんは「女子4年100m」に出場しましたが残念ながら予選落ちとなりました。中島夏輝さんは「女子4年ジャベリングボール投」で第10位と大健闘。入仲健誠君は「男子5年100m」に出場し残念ながら予選落ちとなりしたが、2種目目に出場した「男子5年走り幅跳」では第17位と健闘。同じく下谷妃乃さんは「女子5年走幅跳」に出場し第13位と健闘しましたが、本人はいつもの実力を出しきれなかったと残念がっていました。最後に中原岬君は「男子5年ジャベリングボール投」で見事40m47cmを記録第8位に入賞し表彰台に上がりました。
 応援には、少年団代表の野表さんをはじめとする保護者の皆さんは勿論のこと、弟子屈小学校の佐野校長も駆け付け、声援を送っていました。
 大勢の選手たちと応援に駆け付けた保護者等約2,000人以上の方々がいる中で、雰囲気に呑まれることなく、果敢に挑戦している子どもたちの姿を見て感動しました。今後とも諦めることなく、日々の練習を積み重ね、是非、来年も全道大会出場で活躍されることを願っております。選手の皆さん、保護者の皆さん大変ご苦労様でした。

スタンドは応援に駆け付けた方々で満席

中原岬君は見事表彰台に!![写真提供:野表さん]

教育長日記

▲このページの先頭へ