MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 講談社「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」来町!!

講談社「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」来町!!

いいね!ボタンが表示されます

平成28年7月29日

 7月26日午後3時、おひさま保育園を会場に「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」の皆さんをお迎えして、たくさんの絵本や紙芝居と出会いながら、園児たちが楽しいひと時を過ごしました。
 この「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」は、講談社が創業90周年を迎えた記念事業として平成12年にスタートしたもので、全国各地を訪問し、子どもたちや保護者の皆さんに本の楽しさや大切さを知ってもらおうという事業となっています。
 参加した園児は、おひさま保育園児58名と川湯保育園児25名の総勢83名でした。園児たちは、保育士さんの指示のもと、園内組と園外組の二手に分かれ、園外組は楽しくなるような絵がデザインされたキャラバンカーに積んである絵本550冊の中から、それぞれ自由に絵本を取り出し、屋外の庭に敷いてあるシートの上で絵本を読んだり、保育士さんに読んでもらったりしていました。
 一方、園内組は屋内ホールの中央に座り、駆け付けて頂いた本町の読み聞かせボランティアグループ「絵本の会おはなしはらっぱ」の笹島会長・橘田会員・羽賀会員3名の方々に、絵本や紙芝居を読んで頂いていました。また、講談社推進事業部の牧野おはなし隊隊長にも、読み聞かせ頂きました。一通り済んだところで、園内組の園児は園外へ、園外組の園児は園内にそれぞれ移動し、引き続き絵本や紙芝居を夢中になって楽しんでいました。園児たちにとって、とても印象に残る出来事だったのではないでしょうか。
 今後とも、このような弟子屈町図書館が主催する事業をたくさん企画していきたいと思っております。
 この度、来町頂いた「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」の皆さんありがとうございました。今後益々ご活躍されますよう願っております。また、お手伝い頂いた「絵本の会おはなしはらっぱ」の皆さんと両保育園の保育士さんの皆さんに感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

園外での様子

園内での様子

教育長日記

▲このページの先頭へ