MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「釧路地区地域子ども会研修交流会」開催!

「釧路地区地域子ども会研修交流会」開催!

いいね!ボタンが表示されます

平成28年9月23日

 9月22日午前9時45分から弟子屈町青少年会館において、釧路地区地域子ども会育成連絡協議会が主催する「釧路地区地域子ども会研修交流会」が開催されました。本事業は町村輪番制で開催されている事業で、今年は弟子屈町が当番町として、弟子屈町未来こども協議会が主管者となって行われました。
 参加されたのは、浜中町から児童3名と引卒者1名の4名、厚岸町から幼児児童9名と保護者及び引率者8名の17名、白糠町から児童6名と保護者及び引率者5名の11名、釧路町から児童3名と引率者等3名の6名、そして弟子屈町からは児童9名と弟子屈町未来こども協議会会員10名、教育委員会職員等3名、講師指導者等4名の26名、総勢64名の皆さんです。
 開会式の後、「秋」をテーマに「秋の景色を堪能する、硫黄山つつじヶ原の散策体験(川湯園地から硫黄山まで)」コース、「収穫の秋を堪能する芋掘り体験(藤本農場の芋畑)」コース、「芸術の秋を堪能する、陶芸体験(川湯農村センター)」コースの3コースに別れて体験活動が行われました。「散策体験」は川湯エコミュージアムセンターの鈴木あみ指導員が案内役を務め、「陶芸体験」では摩周多夢窯の平出隆子さんとご主人の平出正之さんが指導、「芋堀体験」では藤本義明さんが指導されました。参加者はそれぞれの体験に大喜びし楽しんでいました。
 その後昼食時間を迎え、参加した方々は、弟子屈町未来こども協議会の皆さんや駆け付けて頂いた地元のボランティアの皆さんに作ってい頂いた「カレーライス」と「ざんぎ入りサラダ」を美味しくほおばっていました。昼食後は、自己紹介を交えたゲームなど、笑い溢れるひと時を過ごしていました。
 最初は、硬い表情だった子どもたちも、時間が経つにつれて互いに言葉を交わすようになり、交流を深かめる様子が見受けられ、当初の目的を達成することが出来たのではないでしょうか。
 本事業の企画から実施に至るまで取り組んでこられた皆さん、大変ご苦労様でした。今後とも、子どもたちの健全育成の推進にご尽力頂きますよう、よろしくお願い致します。

開会式

陶芸体験

散策体験

芋掘体験

教育長日記

▲このページの先頭へ