MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 平成28年度弟子屈町PTA連合会研修会&生涯学習講演会

平成28年度弟子屈町PTA連合会研修会&生涯学習講演会

いいね!ボタンが表示されます

平成28年11月25日

11月19日弟子屈町PTA連合会主催による「弟子屈町PTA連合会研修会・生涯学習講演会」が研究主題「心身ともにたくましい人間性豊かな子どもを育てるPTA活動の在り方」を掲げて開催され、会場となった弟子屈中学校には町内小中高学校のPTAの皆さん約140名程が参加され、盛大に行われました。
開会式では、今年交通事故で犠牲となった保護者に対し黙祷を捧げた後、主催者を代表して弟子屈町PTA連合会の深谷博明会長が挨拶され、続いて弟子屈警察署の佐藤英昭地域交通課交通係長から「北海道内及び弟子屈警察署管内の交通事故概況と対策について」と題して情報提供がありました。その後、私から「北海道弟子屈高等学校への進学のお願い」と「北海道教育委員会が実施する平成28年度全国学力学習状況調査結果北海道版報告書にかかる市町村結果公表について」の2点についてご理解とご協力をお願い致しました。
今回の研修会のメインは教育委員会との共催による「生涯学習講演会」で、静岡大学の伊田勝憲大学院准教授を講師としてお招きし、「生涯発達心理学から考える児童期・青年期の課題~学習意欲と生活意欲を育む大人の関わり~」と題しての講演です。
 伊田准教授からは、子どもの心理と大人の行動について分かり易くご講演頂き、参加者からは「難しい言葉がたくさん出てきましたが、私たちに分かり易く説明して頂き、大変有意義な講演となり参加して良かった」との感想を多く聞くことができました。
 伊田准教授は北海道教育大学釧路校に在籍したことがあり、それが縁で遠い静岡から来て頂きました。本当に感謝申し上げたいと思います。また、当番校となった弟子屈中学校PTAの皆さんをはじめ参加された会員の皆様に敬意と感謝を申し上げたいと思います。大変ご苦労さまでした。

教育長日記

▲このページの先頭へ