MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「第69回弟子屈町成人式」開催

「第69回弟子屈町成人式」開催

いいね!ボタンが表示されます

平成29年1月13日

 1月8日午後2時30分から釧路圏摩周観光文化センターにおいて、弟子屈町教育委員会主催による第69回目の弟子屈町成人式を厳粛な雰囲気の中で執り行いました。
 今回、本町の新成人67名のうち55名の皆さんが参加され、女性の皆さんは晴れやかな振袖姿で、男性の皆さんは袴姿やスーツ姿で出席されました。
 式は、多くの来賓の方々がご列席される中、国歌斉唱から始まり、小澤町教育委員会委員長の式辞のあと、来賓を代表して德永町長と八幡町議会議長から祝福の言葉を頂きました。次に新成人を代表して小野寺祥吾君と鈴木千穂さんが「誓いのことば」を述べ、成人となった自覚と責任を誓い合いました。続いて記念品贈呈が行われ、はじめにJA摩周湖の川口組合長から記念が贈られ、それを新成人を代表して岡田春弥さんが受け取り、次に弟子屈ロータリークラブの鈴木幸栄会長からは記念写真贈呈目録が贈られ、それを同じく西塚亮裕君が受け取りました。式典の最後に「交通安全宣言」が行われ、弟子屈警察署長の代理としてご出席頂いた長原地域交通課長を前に、新成人を代表して小澤新君から宣言がなされ、式は無事終了致しました。その後、弟子屈ロータリークラブの皆さんの指示のもと、賑やかな雰囲気の中で、新成人の皆さんに来賓の皆さんが加わり記念写真撮影が行われました。多忙の中、多くの来賓の皆さんにご出席を頂き感謝申し上げます。
 緊張感も解れた後は、町内の青年団体連合組織「ユースフルネットワークてしかが」の主催による「祝賀会」が行われました。司会進行役を務めたのは前川健太君と高梨ひとみさんのお二人。最初に摩周丘幼稚園園児12名の皆さん方が、藤原先生のピアノ伴奏により、ステージ上で「弟子屈町民の歌」を初めて披露しました。新成人の皆さんからは、「そんな歌あったの?」とか、「初めて聞く歌だ!」といった声が聞かれましたが、園児の皆さんはしっかりと歌い上げ、会場の参加者からは大きな拍手が送られていました。その後、景品付きの映像を使ったボウリング大会や抽選会が行われ、新成人の皆さんは楽しいひと時を過ごしていました。
 人口減少により、新成人も年々その数を減らしており、残念でなりませんが、是非、若い力でふるさと弟子屈町を盛り上げて頂くことを心から期待しているところです。摩周丘幼稚園園児の皆さんありがとうございました。ユースフルの皆さん大変ご苦労様でした。

弟子屈ロータリークラブ提供の記念写真

教育長日記

▲このページの先頭へ