MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 町民大学校生きがい講座「新年交流会」開催!

町民大学校生きがい講座「新年交流会」開催!

いいね!ボタンが表示されます

平成29年1月27日

 公民館事業として、昨年度に引き続き本年度も4月から「町民大学校生きがい講座」として弟子屈学級及び川湯学級の2学級を開設しております。この講座事業の一つとして、毎年1月には「新年の喜びを語り合おう!」をテーマに「新年交流会」を開催しています。川湯学級は1月19日川湯農村センター(学級生21名参加)で、弟子屈学級は1月24日公民館講堂(学級生63名参加)で、それぞれ「新年交流会」を開催し楽しいひと時を過ごしていました。
 川湯学級の「新年交流会」には残念ながら出席出来ませんでしたが、弟子屈学級の「新年交流会」には出席し新年の挨拶をさせて頂き、一時ではありますが交流会を参観することが出来ました。
 弟子屈学級では、最初に「弟子屈町民の歌」を全員で斉唱した後、学級長から挨拶がありました。その後早速、第1部の「楽しい出し物」が行われ、まず最初に「花は咲く」を参加者全員で踊り、続いて、黒滝重子さん・久保愛子さん・山川英子さん・加納和枝さん・田中シズ子さん5人による「花笠音頭」が披露されました。お揃いの黄色い和服に花笠を手に持って、賑やかなお踊りを披露して下さいました。次に登場したのは、藤田えみ子さん・雨宮千春さん・林智恵子さんの3人で、がらっと変わってフラダンスが披露され、華やかなパウスカートを着こなし、頭に花飾りをつけ、手には綺麗なボンボンを持って、本場のフラダンス顔負けの南国情緒溢れる見事な踊りを見せて下さいました。三番手に登場したのは千代陽子さんで、定評のある素敵な踊り「絆道」を披露して下さいました。最後に登場した久保愛子さんは詩吟「峨眉山月の歌」を披露され、見事な喉を聞かせて頂きました。参加者からは大きな拍手が送られていました。その後は、第2部として「ゲーム」大会が行われ、サイコロ豆つかみゲーム・○×クイズ・景品が当たるビンゴゲームなどに一喜一憂しながら楽しんでいました。
 今年度残すところ2ヶ月余りとなりましたが、小泉川湯学級長と佐々木弟子屈学級長を中心に、学級生の皆さん方が互いに協力し合い、健康で笑いのある楽しい学級づくりに励んで頂くことを願っております。
 ※本日から2月6日まで公民館講堂において町内小中学校児童生徒の絵画や版画等345点を一堂に会した「児童生徒作品展覧会」を開催しています。町民の皆さんのご来場をお待ちしております。

川湯学級

弟子屈学級

教育長日記

▲このページの先頭へ