MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 腕を上げた、素晴らしい演奏に大きな拍手!

腕を上げた、素晴らしい演奏に大きな拍手!

いいね!ボタンが表示されます

平成29年3月  3日

 2月26日午後1時から弟子屈小学校体育館で「弟子屈小学校吹奏楽少年団定期演奏会2017」が開かれ、保護者や町民の皆さん等80名程が駆け付け、かつてないほど熱気に包まれていました。
 演奏された弟子屈小学校吹奏楽少年団員は総勢19名。第一部の最初に曲「千本桜」が披露され、その後、少年団部長の齋藤柚葉さんから挨拶がありました。2曲目の演奏曲「 海の声」が披露された後 、指導者であり指揮者でもある加賀谷さんから挨拶がありました。続いて団員による自己紹介と自分が担当している楽器の紹介がありました。紹介順は楽器パート代表による抽選で決められ、それぞれ短い演奏を披露しながら紹介してくれました。その後、休憩時間を利用して、正面に色んな楽器を自由に触ったり・吹いたり・叩いたりすることのできる楽器体験コーナーが用意され、来場した大人や子どもたちは大いに楽しんでいました。
 第二部では、曲「ルパン3世」と曲「SUN」の演奏に合わせて5名の団員が楽しいダンスを披露してくれました。続いて曲「ダイヤモンド」では父母会の皆さん14名が曲に合わせて合唱してくれました。その後、曲「夜空ノムコウ」と曲「シング・シング・シング」が披露され、大きな拍手が送られていました。そして場内からアンコールの声が掛かり、それに応えて、曲「まけないで」が披露され終了しました。
 終わったとたんに、団員全員が体育館の出口に行って、入場された皆さん全員に、飴付の手作りお礼メッセージを配布し、感謝の気持ちを伝えていました。
 昨年苫小牧市で行われた全道大会出場以降、久しぶりに少年団の演奏を聞くことが出来ましたが、一段と腕を上げ、素晴らしい演奏でありました。是非、今年も全道大会出場を目指して頑張ってほしいものです。

教育長日記

▲このページの先頭へ