MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 弟子屈中学校「フェアウエルコンサート2017」・大きな拍手につつまれて!

弟子屈中学校「フェアウエルコンサート2017」・大きな拍手につつまれて!

いいね!ボタンが表示されます

平成29年3月24日

 恒例となりました弟子屈中学校吹奏楽部の「フェアウエルコンサート(おわかれコンサート)」が3月20日弟子屈中学校体育館で開かれました。会場に足を入れると、保護者をはじめ、児童生徒や一般町民の皆さんなど約100人程の方々が詰め掛けており、用意された椅子はほぼ満席の状態となっていました。
 まず、第1部は、曲「ハナミズキ」と曲「虹」を1年生と2年生総勢14名で演奏。その後、吹奏楽部の嶋津希穂部長から来場の皆さんに挨拶がありました。引き続き、サクソフォーン奏者の嶋津希穂さん[弟中生]・猿谷優衣さん[弟中生]・藤田一輝君[弟高生]に下野麻実教諭が加わり 4名による四重奏で、曲「民謡風ロンドの主題による序奏と変奏」を演奏し、息のあった素晴らしい演奏を聞かせて頂きました。さらには、齊藤尚輝君[弟中生]のトランペットソロ演奏で曲「幻想曲変ホ短調」を演奏し、綺麗な響きに大きな拍手が送られていました。休憩を挟んで、第2部は1年生と2年生に友情出演のため駆け付けてくれた弟子屈高校吹奏楽部11名の皆さんが加わり、曲「ディズニーメドレー」と曲「キセキ」の2曲を披露。続いて、1年生と2年生に卒業生の3年生が加わり、曲「スタジオジブリ名曲集」を演奏。更には本日の演奏者全員で曲「北の大地~Singers’selection~」を演奏して頂きました。その後、指導者であり指揮者でもある下野麻実教諭が挨拶に立ち、「これまで吹奏楽部を支えて頂いた多くの皆さんと3年生部員最後の演奏に暖かい拍手を送って頂いた皆さんに感謝しています」と話していました。最後にアンコールとして曲「前前前世」と弟中吹奏楽部の十八番曲「ルパン三世」を全員で力強く演奏して終了し、惜しみない大きな拍手につつまれました。終了後、下野教諭に感想を聞くと、「私にとっても痺れるほど楽しいコンサートでした。卒業生である3年生に心からの感謝と今後の人生にエールを送りたいです」と語ってくれました。思い出に残る素晴らしいコンサートでした。

教育長日記

▲このページの先頭へ