MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「チャレンジスポーツてしかが2017~能力アップセミナー~講演会」に感動!

「チャレンジスポーツてしかが2017~能力アップセミナー~講演会」に感動!

いいね!ボタンが表示されます

平成29年4月21日

 4月20日と21日の2日間にわたって、公民館において弟子屈町体育協会の主催による「チャレンジスポーツてしかが2017講演会」が開催されました。1日目の20日はサブタイトルを「子どもの能力を伸ばすために大人が必ずするべき準備」と題して、保護者や指導者の皆さんなどを対象に約40名の方々が参加して行われました。2日目の21日はサブタイトルを「脳内レボリューション」と題して、少年団や部活動の子どもたちを中心に、保護者や指導者も加わって約120名の皆さんが参加して行われました。講師を務めて頂いたのは、川谷潤太先生です。主催者より「兵庫県赤石市出身・高校時代はバレーボールとビーチバレーでご活躍され、大阪教育大学を経て、生徒数1万人以上が通う学習塾のエディックで数学講師を務め、最年少で最大教室の校長に就任、現在は高校野球で有名な創志学園高校の教育開発室長と企画課長を務められ、硬式野球部と女子ソフトボール部、更には女子柔道部のチームマネジメントを担当されております。」と講師の紹介を頂きました。講演後、参加された皆さんからたくさんの感想を頂きましたので、その一部を紹介します。子どもたちからは、「僕にも良く分かる話たったので、とても楽しかった。」、「もう一度、川谷先生の話を聞きたいと思いました。」、「北海道日本ハムファイターズの大谷選手が高校時代3年間、かかさずトイレ掃除に取り組みながら集中力を高めていた話はとても感動しました。」、また、指導者からは「早速、練習前や試合前にテニスボール2個を縦に積み重ねて、集中力を高めるためのメニューを取り入れたいです。」「是非、教職員の皆さんにも聞かせる機会を作ってほしいと思いました。」等です。子どもたちは一生懸命先生の話に耳を傾けたり、実技に取り組むなどして、あっという間の90分の講演に満足していたようでした。川谷先生のお話の中で「弟子屈の子どもたちの講演を聞く態度が素晴らしい。たくさんの子どもたちの前で講演してきましたが、こんな子どもたちに出会ったのは初めてです。」と褒めて頂いたことが、印象に残りました。川谷先生の具体的で分かり易い講演に心から感謝申し上げますとともに、川谷先生をご紹介して頂いた、札幌東陵高等学校の鎌田英樹先生(弟子屈町出身)、更には、主催した弟子屈町体育協会に感謝申し上げたいと思います。誠にありがとうございました。

教育長日記

▲このページの先頭へ