MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 高体連各種目出場挨拶と弟子屈高等学校PRポスター作製・配布!!

高体連各種目出場挨拶と弟子屈高等学校PRポスター作製・配布!!

いいね!ボタンが表示されます

平成29年6月16日

 6月8日午後4時30分公民館研修室において、第57回北海道高等学校テニス選手権大会・第70回北海道高等学校陸上選手権大会・第70回北海道高等学校選手権水泳競技会の3つの全道大会出場を決めた14名の弟子屈高等学校生徒が出場挨拶のために德永町長と教育長を訪れ、各出場選手から力強い決意表明を頂きました。是非、頑張って頂きたいと思います。引き続いて、生徒会長の藤田一輝君と木村校長が面会に訪れ、2017年度版の弟子屈高等学校PRポスターを德永町長に手渡し、広報に協力して頂くよう要請しました。ポスター作製にあたっては、生徒会を中心にアイデアを出し合い、教員の助言を頂きながら決めたデザインだそうです。ポスターのキャッチフレーズは「弟高へ行こう!そしてチャレンジ!!」として、大文字で強調した活字を中央部に置き、その周りに「進路実現」「資格取得」「部活動」「自分への挑戦」の4タイトルが配置され、バックに「卒業生」「強歩遠足」「バレーボール部」「授業風景」の4枚の写真が収められたデザインとなっています。藤田会長は「大変積極的な生徒が多いし、生徒一人ひとりに手厚い進路指導やいろんな支援をしてくれるのは弟子屈高校ならではだと思います」と語っていました。今後、生徒たちの手で出来上がったポスターを町内の各商店やスーパー、事業所や公共施設等の協力を得て貼って頂くための活動を進めるとのことです。德永町長からは「多くの優秀な卒業生を輩出しており、役場に就職した卒業生も力を発揮しています。是非、いろんなことに挑戦してほしいと思っています」と励ましの言葉を掛けて頂きました。
 昨年度は入学者数が39名で2名の入学者数不足のために1年生1クラスとなってしまいましたが、今年度は41名で何とか1学年2クラスを確保することが出来ました。是非とも、多くの町内中学卒業生が弟子屈高等学校への進学を希望するよう保護者をはじめ町民の皆さんのご理解とご協力を心から願っております。

教育長日記

▲このページの先頭へ