MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「第5回弟子屈町公民館ミニコンサート」開催

「第5回弟子屈町公民館ミニコンサート」開催

いいね!ボタンが表示されます

平成29年10月20日

 公民館を中心に活動している音楽サークルの発表の場として、毎年この「芸術の秋」の時期に行われている「弟子屈町公民館ミニコンサート」を、今年は10月14日午後1時より公民館講堂で開催しました。
 今回は、「美留和フラダンス同好会」、「弟子屈中学校文化祭学級合唱団」、「弟子屈町役場合唱団」の3団体の発表となりました。最初に「美留和フラダンス同好会」[藤田えみ子・山田和代・雨宮千春・林智恵子・石間のどか・浦地直美・渡辺久美・奈良敦子・小野知子]の発表です。この同好会は公民館美留和分館活動の一環として活動されている町内唯一のフラダンスグループです。出演者全員が花飾りを頭に付け、南国情緒あふれるカラフルな服装で登場し、映画「フラガール」の主題曲「虹を」と坂本九さんの名曲「見上げてごらん夜の星を」の2曲を披露しました。続いて特別ゲストとして、9月30日に開催された弟子屈中学校文化祭で恒例となっている学級合唱コンクールにおいて最優秀賞を獲得した3年B組の皆さんと、優秀賞を獲得した2年A組と3年A組の皆さんの3クラスをお迎えしました。このコンクールは昭和50年代から始まり、既に40回以上を数える歴史と伝統のある行事となっています。最初の2年A組の発表は、指揮:林歩夢君・ピアノ伴奏:草野美来先生による曲「時の旅人」、次の3年A組は、指揮:小濱朋哉君・ピアノ伴奏:住田茉莉さんによる曲「君とみた海」、最優秀賞だった3年B組は、指揮:阿部宏紀君・ピアノ伴奏:田中凛さんによる曲「証」を披露して頂きました。いずれも勝ち残った歌声だけに素晴らしく、大きな拍手が送られていました。最後に出演したのは、役場合唱団[德永哲雄町長・中川勝明・有馬浩之・曽我部敦・藤森忠幸・大塚将利・佐々木章丞・片岡佑平・小野寺祥吾・正代章子・小濱ちあき・谷内晶子・池田碧妃・杉崎瑞穂]の皆さんです。平成27年に行われた「職域かくし芸大会」の出場がきっかけで発足した合唱団です。当初は男性職員による少年合唱団として編成されましたが、昨年11月からは女性職員も加わり、更には元弟子屈高等学校の音楽教師として教鞭を執られていた更科俊一郎さんの指導を頂きながら練習を積み重ねてきました。指揮:小林俊夫・ピアノ伴奏:更科俊一郎さんによる曲「風」と「モルダウの流れ」、続いて8名によるアカペラ曲「赤とんぼ」、最後に「旅立ちの日に」を熱唱し、何とか無事歌い上げました。アンコールの声が上がり、曲「マイ バラード」を来場者と出演者全員で合唱して終了しました。
 下手な指揮を引き受けてしまい、後悔しておりますが、辺りの山々は紅く染まり、美しい彩を見せる秋のひと時を皆さんとともに楽しむことが出来ました。ご来場頂いた八幡町議会議長をはじめ、一般町民や教育関係者の皆さんはもとより、美留和地区応援団や中学校の保護者の皆さんに深く感謝申し上げますとともに、ご出演頂いた皆さんにも心から感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

教育長日記

▲このページの先頭へ