MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 平成29年度第3回弟子屈町青年交流事業!第3回目を開催!

平成29年度第3回弟子屈町青年交流事業!第3回目を開催!

いいね!ボタンが表示されます

平成29年11月 17日

 今年度の弟子屈町公民館の新規事業として、若者の交流と弟子屈町の理解を深めることを目的に、「地元から学ぶ・ひと・まちづくり 青年交流」を合言葉に「青年交流事業」を3回実施してきました。第1回目は6月16日JA摩周湖ビルを会場に、德永町長をお迎えして、「夢と希望を実現できるまち!まちを動かすのは若者だ」と題して、また、秋山まちづくり政策課長から「弟子屈町の未来に向かって」と題して講話を頂きました。講話の後は食事をしながらゲームなどで交流を深め合いました。第2回目は9月9日、「まちづくりの先進事例を学ぶ~バスで行こう とかちめぐり~」をテーマとした視察研修で、「道の駅阿寒丹頂の里」・「柳月スイートピア・ガーデン」・「十勝川温泉湯の里会館」・「池田ワイン城」等の施設を訪問し、関係者から説明を受け、青年の目線でまちづくりを考えるきっかけ作りとなりました。そして、最終回となった第3回目は、11月2日午後7時から公民館講堂を会場に、テーマ「食でつながる~地場産品を堪能しよう」として総勢47名が集い、和やかな雰囲気の中で交流会が始まりました。
 立食ビュッフェとなった「地場産品飲食交流」には、関係機関や団体等からご提供頂いた、弟子屈町のワイン2016年産「葡萄色の旦(えびいろのよあけ)」・「摩周ポーク」(焼肉)・「摩周そば」・「じゃがいも」(いも団子・ふかしいも)等の地元産の食材を使った料理のほか、ロールケーキや焼きそば、飲み物等が振る舞われ、参加者は料理を美味しく頂きながら、それぞれ交流を深めていました。食材の調理等は、社会教育委員の金澤三恵子委員長・辻谷幸代委員・橘田恵子委員・杉山悦子委員・千田厚子委員の皆さんが、前日からの準備を含めボランティアでご協力を頂きました。
 また、今井範和社会教育委員が進行役を務めた「まちづくりトークショー」には㈱西沢商店取締役の金子高志さんと森のホールの武山まき子さんをゲストにお迎えし、現在注目を集めている川湯駅前の地域ぐるみの取組や地域に対する思いを語って頂き、参加者の皆さんも興味を持って聞いて頂きました。
 今回の交流には、町内青年団連合組織のユースフルネットワークてしかがの今井慎也会長や山内功丞さん、高梨ひとみさんも掛け付けて頂き、交流の手助けを頂きました。
 多くの関係者の皆さんのご理解とご協力を頂いたお陰で、内容の濃い交流会が実現出来ました。本当にありがとうございました。
 本町の「まちづくり」には青年達の力は絶対に欠かせません。この事業に参加した機会に是非とも交流を深め合い、「まちづくり」に関心を持って頂くと同時に、積極的に参加して頂き、更に弟子屈町を盛り上げて頂くよう、大いに期待しているところです。3回の事業参加に心から感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

教育長日記

▲このページの先頭へ