MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「女性の集い」開催で大いに賑わう!!

「女性の集い」開催で大いに賑わう!!

いいね!ボタンが表示されます

平成30年 3月 13日

 3月4日、弟子屈町女性団体協議会が主催する恒例の「てしかが町女性のつどい」が、弟子屈町社会老人福祉センターで160名もの女性が駆け付け、大いに賑わう中で開催されました。
 開会式では、初めて「弟子屈町民の歌」を全員で合唱した後、主催者代表の吉田啓子会長と来賓としてご出席された德永町長よりご挨拶を頂きました。
 早速、午前中は講演が行われ、弟子屈町役場総務課情報防災係の中村英雄防災対策専門官を講師に迎え、「いざという時の備えについて」を演題として、映像を見ながらお話を頂きました。内容は、「噴火による様々な自然現象」「地震が引き起こす現象」・「洪水等による過去の大きな災害」・「地震に応じた被害の様相」・「アトサヌプリ[硫黄山]のマグマ噴火の最大影響範囲と非難先」、最後に「イメージトレーニング」が行われました。昼食休憩を挟んで、本年度から新しく始まった公民館講座「うたごえ公民館」事業の指導を務めて頂いている更科俊一郎先生を講師にお招きして、懐かしい歌とその曲の時代背景を交えながら、「学生時代」・「ブルー・ライト・ヨコハマ」・「恋の町札幌」・「いい日旅立ち」などを全員で合唱し、「うたごえ」が会場いっぱいに響き渡りました。午後からは、教育委員会主催による生涯学習講演会が開催され私の挨拶の後、「脳トレで心も笑顔~元気で生き生きと!!~」と題して、脳トレ摩周代表の大友れい子さんが実技を交えて講演して頂きました。最初に、大友さんから映像を写し出しながら「脳トレ摩周」を立ち上げた経過や活動の模様を紹介して頂きました。そして、脳トレ摩周の会員の皆さんのご協力を頂きながら、実際の脳トレーニング(認知症予防)の実技体験が行われました。「指を使って数える運動」・「グー・チョキ・パー体操」・「すりすりトントン・リズム体操」・「拍手で計算・仲間で拍手」等々、どこでも、だれもが簡単に出来るトレーニングを楽しく体験することが出来ました。
 参加者からは、口を揃えて「大変楽しく勉強になった1日でした」とか、全体進行を務めた渡邊久美さんの初めてと思えないほどの見事な司会ぶりに、「良かったねー・そだねー」と早速、はやり言葉を使って感想を述べて頂きました。
 主催団体の皆さんをはじめ、ご講演頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 この度の季節外れの大雨により被害を受けた方々に対しまして、心からお見舞い申し上げます。

教育長日記

▲このページの先頭へ