MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 金須海人君、弟子屈町初の全国小学生卓球大会に出場!!

金須海人君、弟子屈町初の全国小学生卓球大会に出場!!

いいね!ボタンが表示されます

平成30年4月27日

 先日、大きく新聞で報道されていましたが、弟子屈小学校6年で弟子屈卓球少年団に所属する金須海人君が、1月13日札幌中央体育館で行われた「第37回道新杯北海道小学生卓球大会」[北海道卓球連盟等主催]に出場し、約90名の選手が参加した小学校5年生の部で見事優勝を果たし、このほど全国大会に出場しました。弟子屈町では初めての快挙であり、誠におめでとうございます。
 4月21日と22日の2日間にわたって東京都武蔵野市の総合体育館で開催された全国大会「第27回東アジアホープス卓球大会日本代表選考会」[小学5年生と6年生のクラス]には、全国から70名もの選手が参加しました。
 この大会では、1グループ6名で12グループに別れてリーグ戦が行われ、各グループの上位の選手が第2ステージへ進みます。海人君はFグループに出場し、1回戦目に3-0で快勝したあと、2回戦目から3戦続けて惜敗しましたが、最後の5回戦目は3-0で快勝しました。結果、Fグループ4位となり、残念ながら第2ステージに進出することが出来ませんでした。
 海人君は試合の後、「大変悔しかったですが、また、出場出来るよう練習に励みたいと思います。」と率直な気持ちを、引率したお父さんやお母さんに語っていたそうです。
 海人君の自宅には、卓球台があり、毎日お父さんの指導を受けながら練習に励んでおり、「将来の夢はオリンピックに出場すること」と、私に語ってくれました。今回の貴重な経験を通して、更に飛躍することを願っています。

大会前の練習風景

開会式風景

開会式に出場している海人君(左端)

※お父さんから写真を提供して頂きました

教育長日記

▲このページの先頭へ