MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 弟子屈高等学校「みんなの弟高デー」開催!!

弟子屈高等学校「みんなの弟高デー」開催!!

いいね!ボタンが表示されます

平成30年6月21日

 6月22日、弟子屈高等学校主催により、弟子屈中学校と川湯中学校の3年生を迎えての「みんなの弟高デー」が開催されました。この事業は、高校受験を控えた中学生と高校生との交流を通して、弟子屈高校を身近に感じてもらうことや、高校の教員から授業を受けるなど、弟子屈高校での学習への期待感を更に高めることなどを目的としています。1時間目に、弟子屈高校の上坂美由紀教諭の司会進行で「歓迎セレモニー」が行われ、その中では、特別ゲストとして招かれた弟子屈高校卒業生の教育委員会社会教育係の山野太郎さんと、摩周丘幼稚園教諭の藤原 南さんから、弟子屈高校を選択した経緯や素晴らしさなどについて語ってくれました。宮﨑円校長の挨拶の後、さっそく体験授業が行われ、佐藤大樹教諭と永澤朋子教諭が担当する「保健体育」で、中学生と高校生との合同授業が行なわれました。昼食を挟んで、午後からは生徒会企画として、高校生活や学校祭の様子が動画で紹介されました。その後も体験授業が行われ、高校2年生との合同による「英語」の授業では、加藤孝司教諭と上坂美由紀教諭、町教委外国語指導助手のウィルさんが教え、また、小澤亨太教諭の「数学」では、高校3年生と一緒になって勉強するなど、一日中高校での「授業」と「交流」が行われました。
 中学3年生にとっては初めての高校体験で、中学校との違いを肌で感じることができたのではないでしょうか。このように貴重な体験の場を与えて頂いた弟子屈高等学校の皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

教育長日記

▲このページの先頭へ