MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 「第18回摩周ウォークラリーゲーム」と「少年団交流会」

「第18回摩周ウォークラリーゲーム」と「少年団交流会」

いいね!ボタンが表示されます

平成30年7月27日

 7月21日、釧路圏摩周観光文化センターを会場に、日頃からスポーツ活動に取り組んでいる子どもたちを対象としたスポーツイベントが2つ開催されました。
 1つ目は、教育委員会とスポーツ推進委員協議会の共催による「第18回摩周ウォークラリーゲーム」です。各スポーツ少年団団員と保護者や指導者など総勢約100名が参加者して行われました。開会式では選手を代表してKAWAYU少年団の番場悠友君と松橋瑞穂さんが力強く選手宣誓をしてくれました。参加者は、3人一組になって、ボールやけん玉などを使ったゲーム7種目とスポーツクイズ3問に挑戦し、最後には、予め設定されたゴール時間(隠しタイム)を予想してゴールするという、大変ユニークなゲームに取り組んでいました。この日は好天に恵まれ、子どもたちは熱中症に注意しながらタオルとドリンクを手に、汗をぬぐったり、適度に水分を摂りながら参加していました。
 結果は、第1位「たまねぎスープチーム」(藤原湖遥さん・猿田心夏さん・磯里美空さん)、第2位「WHITEタイガーチーム」(坪井紗愛さん・小泉心跡さん・髙橋大我君)、第3位「激丸ちゃんチーム」(和田優衣香さん・更科心優さん・渡辺伊織さん)、特別賞は「げんきんぐチーム」(深井元気君・澤田智菜さん・辻谷寅次郎君)となり、それぞれ賞品が送られました。
 午後からは、弟子屈町文化スポーツ少年団本部の主催による「弟子屈町文化スポーツ少年団交流会」です。はじめに、参加した9つの少年団ごとに、団員一人ひとりの自己紹介と日頃の活動などの団紹介が行われ、交流を深め合いました。その後、指導者や保護者の皆さんの手により「ジンギスカン・ウィンナーソーセージ・うどん・おにぎり・ドリンク」が振舞われ、美味しそうにほお張っていました。
 最後に、全員による「体力測定」が行われ、筋力(握力・上体起こし・ソフトボール投げ)・柔軟性(長座体前屈)・敏捷性(反復横とび)・持久力(20mシャトルラン)・スピード(50m走)の7種目に挑んでいました。ご協力頂いた、保護者や指導者、スポーツ推進委員の皆さん、大変ご苦労さまでした。
 2つのスポーツイベントに一生懸命取り組んでいる子どもたちの姿を見て、感動すら覚えました。今後とも、多くの子どもたちが、文化活動やスポーツ活動などに取り組んでほしいと願っております。

教育長日記

▲このページの先頭へ