MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 平成30年度第6回公民館ミニコンサート開催!

平成30年度第6回公民館ミニコンサート開催!

いいね!ボタンが表示されます

平成30年10月19日

 10月13日午後2時から公民館において「第6回公民館ミニコンサート」が開催され、大いに賑わった発表会となりました。今回のコンサートでは三つの新しい取り組みがありました。一つ目は、川湯中学校の川湯ばやし同好会の皆さんが初めて出演したこと。二つ目は、創立70周年を迎えた弟子屈高等学校による学校紹介と25年振りに新調される新しい制服の発表が行われたこと。三つ目は、本コンサートの司会進行を弟子屈高等学校の生徒会の皆さんが担って頂いたことで、大変注目されたコンサートとなりました。最初に川湯中学校の川湯ばやし同好会の生徒7名が、息の整った力強い演奏を見せてくれました。この演奏は先月末に行われた第66回川湯中学校文化祭でも披露されたところです。続いて、昨年に引き続き、弟子屈中学校の合唱団が登場しました。第77回弟子屈町中学校文化祭で行われた合唱コンクールで素晴らしい歌声を聞かせてくれた3クラスの合唱です。優秀賞を受賞した2年A組の曲「この地球のどこかで」と3年B組の曲「青い鳥」、最優秀賞の3年A組の曲「虹」が披露され、大きな拍手が贈られていました。次に弟子屈高等学校生徒会の皆さんが登場し、学校紹介とともに、3種類のデザインから新しい制服を決める「制服総選挙」と銘打った取り組みについて、生徒は勿論のこと、町民や保護者、小中学生の皆さんに投票して頂いた結果が発表されました。最後に登場したのは、弟子屈高等学校の吹奏楽部です。現在部員4名という小さな吹奏楽部ですが、合奏やソロ演奏など工夫凝らした演奏を聴かせてくれました。
 今年から、弟子屈高等学校では生徒の地域貢献活動の一貫として、「少年の主張弟子屈大会」や「弟子屈町いじめ撲滅サミット」の司会進行を務め、今回のミニコンサートで3回目の取り組みとなりました。何れも、立派に任務を果たして頂きました。今後も、多くの機会を捕らえて、高校生が町民の皆さんに直接目に触れることの出来る活動を更に推し進め、弟子屈高等学校の魅力に繋げて欲しいと願っております。
 同じ日の午後5時30分から弟子屈町図書館主催による「ぬいぐるみおとまり会」という事業を実施しました。この事業は、子どもたちがいつも大切にしている「ぬいぐるみ」をお泊りのために図書館に預けて頂き、それぞれの子どもが好きそうな絵本を「めいぐるみ」が選び、翌日、預けた「ぬいぐるみ」を取りに来た時に、その選んだ絵本を読んでもらう仕組みで、少しでも「本」に親しむ機会となることを願って行われた事業です。おとぎ話のような取り組みですが、参加者には大変喜ばれました。

教育長日記

▲このページの先頭へ