MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > スポーツ少年団員「ニュースポーツ交流会」や「陸上教室」で心地よい汗流す!!

スポーツ少年団員「ニュースポーツ交流会」や「陸上教室」で心地よい汗流す!!

いいね!ボタンが表示されます

平成30年11月20日

 11月17日、釧路圏摩周観光文化センターで、午前中に「ニュースポーツ交流会」が、午後からは「ジャンプアップスポーツinてしかが・陸上教室」が開催され、スポーツ少年団に所属する多くの子どもたちが、楽しく心地良い汗を流していました。
 「ニュースポーツ交流会」には、摩周ジャガーズ・ソフトテニス少年団・弟子屈RC・陸上少年団・I&Mバトンスタジオ・摩周サッカー少年団の各メンバーのほか、指導者や保護者の皆さん総勢96名が参加しました。開会式と準備体操の後、スポーツ推進委員の皆さんの協力を得て、6チームに分かれて、ニュースポーツの「タグラグビー」・「スポーツ吹き矢」・「室内パットゴルフ」の3種目で競い合いました。その結果、「室内パットゴルフ」で2回とも見事カップインした、坪井紗愛さん[I&Mバトンスタジオ]・野田麻奈さん[同]・鈴木哲平君[ソフトテニス]・野表七姫さん[弟子屈RC]・菅野陽南汰君[同]・澁谷優音さん[陸上少年団]の皆さんに、弟子屈町文化・スポーツ少年団本部の中島健一副本部長から賞品が贈られ、子ども達は大変喜んでいました。尚、団体戦の「ドッジビー」では接戦の末Aチーム(今川龍之輔君[摩周ジャガーズ]・川崎蒼空君[同]・高橋愛月さん[同]・野表百姫さん[弟子屈RC]・中島夏輝さん[同]・杉渕優姫さん[陸上少年団]・前田真幸さん[同]・大越羚矢君[摩周ジャガーズ]・佐藤 楓さん[I&Mバトンスタジオ]・高橋大我君[同]・秋山健悟君[摩周サッカー])が優勝を勝ち取りました。
 「ジャンプアップスポーツinてしかが・陸上教室」では、高橋正秀体育協会長の主催者代表挨拶の後、講師として招かれた、北海道ハイテクアスリートクラブ所属の馬場友也さん・北風沙織さん・吉岡佳菜絵さんの3名が紹介されました。馬場さんは 自己ベスト100m10秒34・200m21秒19・北海道選手権優勝4回・北海道インカレ優勝3回等の実績を持ち、また、北風さんは女子4×100m現日本記録メンバー・自己ベスト100m11秒42日本歴代6位等の実績を持つなど、トップアスリートとして活躍している方々です。吉岡さんは現役引退後、北風さんを献身的に支えるマネージャとして活躍しています。教室では、「鬼ごっこ」(早歩き・スキップ・サイドステップ・大股歩き・普通歩き)・「動的ストレッチ」・「グループ指導」では、小学生は北風さんと吉岡さんから、中学生は馬場さんから、ラダーやミニハードルを使ったトレーニング、更にはマーク走やスタートダッシュ方法を学んでいました。講師陣からは「日々のトレーニングの積み重ねが大事」・「この教室を通して、体の使い方がみるみる上達する姿が伺われた」等の講評を頂きました。最後に、参加者代表して阿部優輝弟子屈高等学校陸上部員から謝辞が述べられました。講師陣の皆さんの今後益々のご活躍を心から祈念申し上げたいと思います。ありかとうございました。
 弟子屈町では、トップアスリートによる指導機会が少ないだけに、子どもたちが真剣になって取り組んでいた姿を見て、このような機会を頂いた主催団体の皆さんに深く感謝するところです。

 この「教育長日記」は平成21年4月からスタートし、今回で500号を迎えることが出来ました。今後ともお付き合いの程、よろしくお願い致します。

教育長日記

▲このページの先頭へ