MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 教育長室 > 教育長日記 > 速報!!弟子屈中学校吹奏楽部が快挙!北海道大会30年ぶりの出場権を獲得!!弟子屈小学校吹奏楽少年団も北海道大会2年ぶりに出場!!

速報!!弟子屈中学校吹奏楽部が快挙!北海道大会30年ぶりの出場権を獲得!!弟子屈小学校吹奏楽少年団も北海道大会2年ぶりに出場!!

令和元年8月2日

7月27日と28日の2日間にわたって、釧路地区吹奏楽連盟等の主催による第56回釧路地区吹奏楽コンクール[兼第64回北海道吹奏楽コンクール釧路地区予選大会]、第28回釧路地区小学生バンドフェスティバル[兼第38回北海道小学生バンドフェスティバル釧路地区予選会]が、コーチャンフォー釧路市民会館で開催されました。会場には、釧路・根室地方の小中高等学校から大学一般まで、総勢61団体約1,500名が出場する釧路地区最大規模の音楽コンクールとあって、多くの皆さんが駆け付けていました。
 弟子屈中学校吹奏楽部は1日目、出場校が最も多い中学校C編成部門[25名以下・21校]に出場し、緊張感漂う中、草野美来教諭の指揮により、G.ビゼー作曲・鈴木英史編曲「カルメン・ファンタジー」を演奏しました。審査の結果、金賞を受賞した7校の中に入り、その内、弟子屈中学校・標津町標津中学校・釧路市春採中学校の3校が、晴れて栄誉ある「第64回北海道吹奏楽コンクール」[8月29日~31日・札幌コンサートホールKitara]への出場権を獲得しました。これは、平成元年度に北海道大会出場を果たして以来30年ぶりの快挙となりました。主催関係者からも「とても素晴らしく見事な演奏でした」と高い評価を受けていました。

2日目に行われた小学生バンドフェスティバルの部に出場した弟子屈小学校吹奏楽少年団は、加賀谷直樹さんの指揮により、B.マニロウ作曲・岩井直溥編曲「コパカバーナ」を演奏し、釧路市愛国小学校・釧路市光陽小学校・中標津町中標津東小学校とともに、4校が釧路地区代表団体として選ばれ、2年ぶりの「第38回北海道小学校バンドフェスティバル」[9月28日・苫小牧市総合体育館]への出場権を得ました。
 学校や保護者の皆さんをはじめ、多くの方々の支援や指導を受けながら、日頃からひたむきに取り組んできた練習の成果が実り、特に弟子屈中学校は長年の悲願を達成することが出来て本当に良かったと思います。 こうして小中学校がともに北海道大会に出場するのは本町では初めてのことと聞いており、心からお祝いを申し上げます。おめでとうございます。
 大会までに残された時間はわずかしかありませんが、体調を整えながら、更に演奏技術に磨きを掛け、全員思いを一つにして本番に臨み、素晴らしい演奏が出来るよう心から願っています。

弟子屈中学校吹奏楽部のみなさん

弟子屈小学校吹奏楽少年団のみなさん

教育長日記

▲このページの先頭へ