MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 観光関連情報 > 摩周湖ファイル

摩周湖ファイル vol.1

vol.1 vol.2vol.3vol.4vol.5vol.6vol.7vol.8vol.9vol.10vol.11vol.12


摩周湖の生い立ち

30数万年前(氷河時代)に今の屈斜路湖のあたりにあった屈斜路火山が噴出し、以降巨大噴火を繰り返しました。膨大な火砕流を噴出して跡地が陥没し、約3万年前(旧石器時代)に「屈斜路カルデラ」が形成されたのです。その規模は阿蘇カルデラをしのぐ日本第1位、世界でも有数の大カルデラです。
その屈斜路カルデラ形成の反動によって、1万数千年前にできた火山が摩周火山であり、約8千年前ごろまで盛んに噴火を繰り返しました。そして約7千年前(縄文時代早期)に破局的な大噴火をおこし、摩周火山はその一生を終えると共に、摩周カルデラを形成したのです。その火砕流は現在の弟子屈市街地に高さ数mの台地を築き、火山灰が根釧原野のほぼ全域をおおう大規模なものでした。
その後、約3千年の期間を要し、この大きなくぼみに徐々に水がたたえられ、今より広い「摩周湖」が誕生するのです。そして約4千年前(縄文時代中期)に摩周岳が噴出し活動を開始。これにより摩周湖の東側約4分の1埋められ、ほぼ現在の姿へと変身したのです。

摩周岳も約千年前(平安時代)の大噴火により山頂が破壊され現在の姿となり、以降その活動を休止しています。この噴火は噴出量から見ると、昭和52年の有珠山大噴火の約10倍と推定されています。摩周湖が今のように、一定の水位を保ち神秘的な美しい姿として定着したのも、この時代からでしょう。また、湖の中央にはカムイシュ島火山も噴出しました。湖面から見えている部分の高さは約30mにすぎませんが、高さ約230mの火山の頂上がほんの少し顔を出しているのです。硫黄山を少し小さくしたような火山が水面下に姿を隠しているのだから本当に驚きです。

摩周湖はカルデラ湖の特徴を示して深く、最深211.4m、平均でも137.5mほどとなります。周囲約20km、面積19.2km2とカルデラ湖としては日本第6位の規模を有し、日本を代表するこの美しい湖は、多くの人々を魅了し続けています。

摩周湖の水

人々を魅了してやまない摩周湖の色は、言うまでもなくその透明度からきています。摩周湖は注ぎ込む川がなく、雨がその水源のほとんどを占めています。そのため不純物が運び込まれず、プランクトンや粘土などの浮遊物が極めて少ない美しい水をたたえているのです。この天然に存在する水としては限りなく純粋な水が、あの藍を流したような深い独特の青色を作り出しているのです。

また、摩周湖には流れ出る川もありません。しかし、湖の水位はほぼ一定に保たれています。それはダムのように絶え間なく水を溜める湖が、自らの圧力で地下をくぐり地下水となり、わき出しているからなのです。変わらず豊富な水をたたえ続ける摩周湖は、およそ100年分の雨を保有しているという説もあります。私たちの生活に潤いを与える、その清らかで豊かな水脈は、日本で最後の水がめといえるかもしれません。

摩周湖の霧

摩周湖の霧 「霧の摩周湖」という歌があるほど、摩周湖は霧で有名な湖です。特に6月から7月にかけてがシーズンとなり、10m先も見えないほどの濃い霧におおわれることもしばしばです。
霧は、地表付近の空気中にただよう無数の微細な水あるいは氷の粒の集まりです。霧の発生には十分な水蒸気と、その水蒸気を含んだ空気の冷却が必要です。
摩周湖は山頂にあるため、夏に多い南東~南の風や西風により、湿った空気が山の斜面を上昇する際に冷却され霧が発生することが多いのです。さらにこの時期大平洋の沖合いで発生する海霧が内陸まで流れ込んでくるため、いっそう霧が濃くなるのです。しかしこの移流霧は、一寸先が見えないような状態から、一瞬パッと晴れたりすることもあり、摩周湖の美しさをよりいっそう印象深めるのです。

湖は環境の鏡

流れ込む川も流れ出す川もなく、高さ150~350mにおよぶ深いカルデラ壁にすっぽりと包まれた摩周湖は、周囲の影響を極めて受けずらい環境にあります。とすれば湖水に影響を与えるものは、水系からのものではなく大気の状態が最も大きい要因といえるでしょう。
摩周湖は、まさに世界的規模の大気汚染の状況を忠実に映し出す鏡なのです。

地球の環境変化を知るモニタリング調査の対象となっている、世界でも数少ない湖の一つ摩周湖は、人類にとって貴重で尊い存在なのです。

平成13年広報てしかが7月号掲載

▲このページの先頭へ