MENU

閉じる


トップ > 地域おこし協力隊 > 2015 > 12月24日 忘年会は『摩周ポーク』のしゃぶしゃぶ

12月24日 忘年会は『摩周ポーク』のしゃぶしゃぶ

メリークリスマス!
地域おこし協力隊、炭田です。

忘年会シーズンも終わりかけているくらい年の瀬ですが、私が所属しているまちづくり政策課でも忘年会をしました。
もちろん、町内の美味しい居酒屋さんです!

料理のメインは、「摩周ポークのしゃぶしゃぶ」でした。
摩周ポークは私の住んでいる南弟子屈の池田養豚場で育てられています。
地元のお店で、地元のうまいもの!幸せです!

6月から協力隊になり、地域振興の勉強会にも参加させてもらいますが、「地消地産」「地産地消」というキーワードもたくさん出てきます。
地元で食べられているものを地元で生産する。地元で生産されたものを地元で食べる。
どちらも「食べる」を通して地域の文化や価値を考える機会に出来るのではないしょうか。
特に高級な食材は地元で消費されずに東京や大都市圏に行ってしまいがちですね。
弟子屈でも摩周メロンや摩周湖の夕日マンゴーはあまり地元の人には食べられていない印象です。
でも、
せっかく旅行や出張に行った際にはその土地の美味しい食べ物やお土産が気になりますね。
それが地元のものだったら、使われたお金その土地に落ちることになります。
そうして地域のお金の量を増やすことで地域が豊かになる方法もあるのではないでしょうか。

年内の更新は、これで最後になるかな~
皆様、良いお年を!

▲このページの先頭へ