MENU

閉じる


トップ > 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊活動報告

いいね!ボタンが表示されます

弟子屈町地域おこし協力隊活動報告

2015年6月より弟子屈町地域おこし協力隊が着任し、活動しています。
地域おこし協力隊の活動報告や弟子屈町内での発見などを報告していきます。

Facebookでも活動報告を行っています。
https://www.facebook.com/teshikagachiikiokoshi/

最新の活動報告

6月3日

地域おこし協力隊、炭田です。

今日は町内一斉清掃クリーンウォークがありました。
6月とは思えない寒さ、霧雨・強風の中でしたが、町内の様々な団体が集まり町内の清掃を行いました。

私は役場班に混ざって川湯方面に行きました。
温泉街や川湯園地の遊歩道などを川湯地域の皆さんとごみ拾いをしました。
遊歩道では、春の草花に混ざってごみが落ちている状況><
植物の名前や山菜を教えてもらいながらのごみ拾いでとても楽しかったです。

これから弟子屈は観光シーズンに入ります!
ぜひ遊びに来てください!!
ごみは持ち帰るかごみ箱に捨ててくださいね。

過去の活動記録

5月22日

地域おこし協力隊、炭田です。

南弟子屈地域活性化協議会で四国方面へ先進地視察に行きました。

協議会で検討している、廃校を活用している事例や道の駅など地域住民や観光客が集まり交流する施設の視察に愛媛県内子町と高知県四万十町に行きました。
内子町では道の駅内子フレッシュパークからり、四万十町では道の駅四万十とおわを運営する四万十ドラマにお話を伺いました。

新しい地域おこし協力隊も着任し、旧昭栄小学校を活用した地域ビジネスに向けて準備を進めています。

廃校を活用したシェアオフィスを視察

新聞バッグを作りました!

5月15日

地域おこし協力隊、炭田です。

北海道集落問題研究会(道東地区)が旧昭栄小学校にて開催されました。

北海道や道東地域の振興局、市町村が参加し、有識者からの情報提供や事例報告などを行いました。
事例報告では、旧昭栄小学校を拠点とする「南弟子屈地域活性化協議会」と芽室町上美生地域の「上美生ほしぞらプラン」が報告を行いました。
私たちは、今年度で活動が3年目に入りますが、目標となる地域の将来ビジョン策定から昨年度のプロジェクトチームの活動、今年度以降計画している校舎の活用方法の検討段階などを報告しました。

4月20日

地域おこし協力隊、炭田です。

摩周湖の夕日マンゴーを生産しているファームピープルに行きました。
ふるさと納税の返礼品や郵便局のふるさと小包などでも大人気の弟子屈町の温泉熱を使って栽培されているマンゴー『摩周湖の夕日』ですが、ANAのふるさと納税サイトで特集していただけることになりました!
ANAのふるさとSTORY

その取材に私も同行しました。
町内では道の駅でしか手に入らない貴重な摩周湖の夕日ですが、僕も栽培されているところは行ったことがありませんでした。
温泉の熱を利用してビニールハウスの中の温度を保ち、九州や沖縄では栽培されない時期に出荷して東京などの百貨店などで販売されています。

そんな上質なマンゴーは本場に負けないほど甘くておいしいです!
ぜひ食べてほしい町の特産品です!!
まだまだ弟子屈には特産品がありますよ〜

弟子屈町へのふるさと納税はこちら

ハウスを前に説明する村田社長

自然落下は完熟の証

2017年の活動報告一覧はこちらから

2016年の活動報告一覧はこちらから

2015年の活動報告一覧はこちらから

▲このページの先頭へ