MENU

閉じる


トップ > まちづくり情報 > 町長室 > 町長日記 > 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

いいね!ボタンが表示されます

新年あけましておめでとうございます。皆さまにおかれましては、新春を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。旧年中は、町政運営全般にわたり深いご理解と絶大なるご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。

本年は、新天皇の即位に伴い改元がなされ、10月からは消費税が10%になるとともに軽減税率が導入される見込みで大きな節目の年になります。4月には統一地方選挙があり、ゴールデンウイークは長い人で10連休になります。

観光を主要産業とする本町にとっては、長い連休は追い風でありますが、一方で海外旅行との競合もあって、阿寒摩周国立公園の魅力を磨くとともに国内外に発信していかなければなりません。観光地の再構築を図るため、観光関係団体と連携し、国立公園満喫プロジェクトを進め、硫黄山のエコツアー、屈斜路湖のトレイルコースの整備、廃屋撤去や街並みの整備検討など、自然を活用したエコツーリズムと温泉街の再生に取り組んでまいります。また、地熱発電の先進地として発電や農業での活用により地域経済の活性化と雇用の拡大に努めてまいります。8月には大気環境保全に対する意識の高揚を図ることを目的に「第31回星空の街・あおぞらの街全国大会」が本町で開催されます。自然環境と再生可能エネルギーを本町の重点政策に位置付けて長期的視点で取り組みます。

子育て政策では、4月から幼稚園と保育園を統合して幼保連携型認定こども園が開設されます。同じく4月には、弟子屈市街地で3館に分かれていた放課後児童クラブを弟子屈小学校に統合し、川湯市街地も川湯小学校に移転します。平成28年度に25人だった新生児が本年度は40人近くになる見込みです。更にもっと多くの子どもが生まれ、立派に成長できるよう取り組んでいかなければなりません。また、9月には第70回北海道女性大会が本町で開催されます。女性ならではの視点で本町を見て様々なアドバイスをいただければと思っていますし、きちんとおもてなしをしたいと思います。

これら多くの魅力発信のために、LINE@などSNS(ソーシャルネットワークサービス)を始めます。「弟子屈町」の登録をして多くの人にもっと知っていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

結びに、今年一年が本町にとってすばらしい年になるよう、また町民皆さまのご健康とご多幸をご祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。 

町長日記

▲このページの先頭へ