町長日記 小泉環境大臣が視察に(令和2年9月28日)

先週末の9月26日、小泉進次郎環境大臣が伊東良孝衆議院議員、北海道の中野祐介副知事らとともに当町を視察に訪れました。

この視察は環境省が進めている阿寒摩周国立公園満喫プロジェクトの進捗状況を自ら確認するために訪れたものです。

大臣は前日に阿寒湖畔を視察された後、当町では和琴半島のキャンプ場、摩周湖、硫黄山の景勝地を視察し、世界に誇れる魅力的な自然景観だと感激していました。温泉が流れる湯川や硫黄山の迫力ある噴気にはことさら感動されていたようです。

また、同プロジェクトの取り組みで、除却した廃ホテルの跡地やこれから除却を予定している廃ホテル、川湯エコミュージアムセンターなども見て回り、当町からは私のほかに八幡豊行町議会議長や徳永則行阿寒摩周国立公園川湯地域運営協会長、榎本竜太郎川湯温泉旅館組合長、藤原仁てしかがえこまち推進協議会エコツーリズム推進部会長らが同行して説明をさせていただきました。

今回の視察で直接大臣に現状と課題を見ていただきましたので、今後の国立公園所在地としての当町の更なる魅力づくりに弾みがつくことが期待されます。これは、本町に環境省の出先である公園管理事務所があり、事務所職員のこの公園に対する情熱の強さであるとたいへん感謝しています。

今年は硫黄山登山が再開され、摩周・屈斜路トレイルがオープン、湯川の散策路も着工するなど、新たなコンテンツも登場しています。

これまで地域の団体や組織が懸命に取り組んできたさまざまなことが、着実に力となり、ようやく実をつけ始めたと感じています。

ここからがまた新たなステップです。

地域の皆さんと町、環境省、北海道が連携してさらに取り組みを加速させましょう。

小泉大臣の摩周湖の視察
この記事に関するお問い合わせ先
まちづくり政策課 政策調整係

〒088-3292
北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
電話番号:015-482-2913 ファクス:015-482-2696

更新日:2020年09月28日