摩周メロン豊穣祭で出荷開始をお祝い

7月27日、摩周メロン生産組合(藤田重太郎組合長)の「豊穣祭」が、町農産物集出荷センターで行われました。豊穣祭では、川口摩周湖農協組合長と、藤原弟子屈郵便局長、徳永町長がメロンカットを行い、摩周メロンの出荷開始を祝いました。摩周メロンは同組合の7戸の農家が生産。同センターと摩周湖農協、道の駅「摩周温泉」、郵便局の「ふるさと小包」と、町のふるさと納税の返礼品のみの取り扱いで市場にはほとんど出回らないため、幻のメロンとも言われています。日照不足もありましたが、例年通り糖度は十分。およそ1万8千玉が順次出荷されます。

町公式YouTubeチャンネルに投稿している「ムーブ弟子屈」でも摩周メロンについて紹介していますので、ぜひご覧ください。

豊穣祭
この記事に関するお問い合わせ先
まちづくり政策課 政策調整係

〒088-3292
北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
電話番号:015-482-2913 ファクス:015-482-2696

更新日:2020年07月28日