「弟子屈高校を知ろう」川中で進路学習(令和2年6月30日)

6月30日に川湯中学校(藤田崇充校長)の学級活動の時間に、弟子屈高校の生徒を招いて「地元の弟子屈高校を知ろう」をテーマに、進路学習が開催されました。

弟高から生徒2名、教師1名が講師として出席し、事前に中学生から寄せられた質問に答える形式で理解を深めました。高校卒業後の大学進学や就職先、部活動、中学校との授業の違い、通学時間、弟高の良さなど、様々な疑問に丁寧に答えてくれました。出席した弟高生の1名が川中出身ということもあり、和やかな雰囲気の中、中学卒業後の進路選択にも影響するとあって、真剣にメモを取るなど熱心に話を聞いておりました。

また、弟高生を対象に今年から通年化となった公設民営塾の笹井塾長からも、塾での指導内容、開講時間などの説明のほか模擬指導が行われました。新型コロナウイルス感染症の収束が見えない状況下でも、進路は決めなければならず、今回の川湯中学校の取り組みは、中学校と高校、公営塾の連携を深める意味でも非常に意義のある進路学習になったと言えます。

弟子屈高校生徒の対話の様子
この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 管理課

〒088-3292
北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
電話番号:015-482-2945 ファクス:015-482-2350
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)


更新日:2020年07月02日