「自信を持って演技を披露・・・川中祭」(令和2年9月26日)

川湯中学校の第68回川中祭が9月26日開催されました。今年の川中祭のテーマは「Learn from friends~友達から学ぼう~」で、生徒それぞれが新しいことにたくさん取り組み、自信あふれる最高のパフォーマンスを披露しておりました。同好会による川湯ばやしからスタートし、恒例の少年の主張では、各学年代表が「新型コロナウイルスについて思うこと」「温暖化とこれからの世界」「私の変わりたいこと」を堂々と発表しておりました。コロナ禍の状況で、「何もできない」ではなく、「どうしたらできるか」を考えることが大切という主張がとても印象的でした。

全校演劇は「Good Luck」。4人の少年、少女たちが死後の世界について考える内容で、役者をはじめ、大道具、音響、照明など全校生徒が関わり作り上げた演劇を見事に披露しておりました。また、昼休みには各教室で縁日も企画されるなど、訪れた保護者と一緒に川中祭を楽しんでおりました。

新型コロナウイルス感染症対策で、入場者を制限するなど例年にはない川中祭となりましたが、全校生徒一丸となり、アイディアを出し合い、懸命に練習し、その成果を自信もって披露してくれた川中生に大きな拍手を送ります。

川湯ばやし

川湯ばやし

全校演劇

全校演劇「Good Luck

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 管理課

〒088-3292
北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
電話番号:015-482-2945 ファクス:015-482-2350
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)


更新日:2020年09月28日