国民年金保険料と保険料免除・納付猶予制度とは

国民年金保険料について

定額保険料は月額16,410円(令和元年度)で、付加保険料として月額400円上積みする方法もあります。
また、保険料を前納(2年前納・1年前納・6カ月前納)、もしくは口座振替にすることによって、月払いより割引される制度もあります。

保険料の詳しい内容は、こちらの日本年金機構ホームページをご覧ください。

保険料免除制度

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書をご提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になる制度があります。

免除申請の手続きは基本的に毎年必要です。

免除制度の詳しい内容は、こちらの日本年金機構ホームページをご覧ください。

保険料納付猶予制度

20歳から50歳未満の方で、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、ご本人から申請書をご提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が猶予される制度があります。

(平成28年6月までは30歳未満、平成28年7月以降は50歳未満が納付猶予制度の対象となります。)

納付猶予申請の手続きは基本的に毎年必要です。

納付猶予制度の詳しい内容は、こちらの日本年金機構ホームページをご覧ください。

未納のままにしておくと

(1)障害や死亡といった不慮の事態が発生すると、障害基礎年金・遺族基礎年金が受けられない場合があります。

・障害の場合は初診日、死亡の場合は死亡日の月の前々月までの被保険者期間のうち、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が3分の2未満の場合

・初診日(注)または死亡日の月の前々月までの1年間に保険料の未納がある場合は、障害基礎年金や遺族基礎年金が支給されません。

(注)初診日は、障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日になります。

(2)老齢基礎年金を将来的に受けられない場合があります。

年金の相談窓口

釧路年金事務所

・国民年金課(国民年金の諸届出、納付相談など)
電話:0154-22-5810
・お客様相談室(年金給付に関する相談・請求・諸変更届出、年金記録問題対応の事実調査確認など)
電話:0154-61-6000または0154-61-6001

 

弟子屈町役場 健康こども課 保険年金係

本ページ下部「お問い合わせ先」の宛先に、ご相談・お問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康こども課 保険年金係

〒088-3292
北海道川上郡弟子屈町中央2丁目3番1号
電話番号:015-482-2935 ファクス:015-482-2696
お問い合わせフォームはこちら

更新日:2019年10月01日